生乾きと焼餅

どの口が何言うかが肝心

【映画】SNS 少女たちの10日間

www.hark3.com

 

予告編を観て関心のあるトピックだと思って観に行ったチェコ映画

観終わった感想はとにかく変な映画だったという一言。

手放しで面白いというわけにもいかないし誰にでも勧められる作品ではないけれど観るべき事実を火の玉ストレートでぶつけてくるような強烈な内容だった。

 

あらすじは公式サイトをサイトを見てもらうことにして、映画の構成が昔のロンドンハーツでやってたハニートラップ的なドッキリ企画に似ている。

まずは12歳の児童に扮した女性がSNSにアカウントを登録するとそれだけで見知らぬ男性からたくさんのメッセージが来る。

年齢層は12歳の少女といわゆる交際するような年齢にない30代、40代(それ以上も)の男性である。

その時点でスカイプビデオチャットの呼び出しに応じると相手によっては自分の局部を見せてきたり女性に服を脱ぐように要求してきたり、性的な画像・動画を相手に送りつけたりする。

この時点で立派な児童に対する性的虐待であることは言うまでもない。

次のステップとして対象の女性が胸を露出した写真(いわゆるアイコラと呼ばれる当人の顔と別人のヌード画像を組み合わせたもの)を相手側に送信した際のレスポンスを観察を行う。

結果として相手側の要求がエスカレートし、ビデオチャット中に胸を見せるように要求してきたり、ひどい場合は送った画像をインターネットにばら撒く、と脅迫してくる人もいる。

最終ステップとして実際に会う約束を取り付けて、対面して相手がどのような要求を行なってくるかまで撮影するパートがあるんだけど、特に強烈だったのがラストに実際の男性の家まで映画スタッフ総出で押しかけてその男性を糾弾するシーン。

対象の男性が偶然映画スタッフのひとりと知人であったというしんどい前提もありつつ、糾弾された男性が「そんな子供はそもそも育ちが悪い」と責任転嫁をしたり、それでいてその男性の職業が子どものツアーやキャンプを計画するような仕事をしていたりであるとか結構ヘビーだった。

最終的には警察が捜査を行なって映画側は映像素材を提供しました・・・といった終わり方。

 

ロンドンハーツの場合はお互いに成人した男女で特に何の問題もないけど、この映画の場合は相手が判断力の身に付いていない子どもであり、その弱味を握って脅迫したり性的な虐待を行おうとするガチの犯罪者ということで全然笑えなくなっている。

いや、本当はうっすらぼかしが入っているとはいえ年老いたおじさんが12歳の子どもの裸を見ようとしている表情や性的な言葉を投げかけてニヤついているさまなんかは個人的に気持ち悪過ぎて笑えないこともないんだけど、女性が見たらきっと笑えるレベルではないんだろうなと思う。

ぼかしが入っているとはいえスクリーンにめちゃめちゃ勃起した男性器が映るので男でもうぇってなるところがあるから女性だと結構気合入れて観る必要がある。

 

個人的に気になったのは、2つ目のステップとして合成写真とはいえ女優さんのヌード写真を相手に送信したところ。

この行為って相手側から要求されたとかされていないとか特段言及されてなかったような気がするんだけど、男性側を焚き付けてるような印象を持ってしまいどうにもモヤっとしてしまった。

(もちろん送られてきても削除するのが正しいというのが前提)

 

で、気持ち悪いおじさんって嫌ですねという話ではなく映画を観ていて思ったのはもしかしたら明日は我が身かもしれない、と思ってゾッとしているという話。

ネットの女性も現実なんだけど、現実の女性に相手にされずに未熟な女性であれば相手をしてくれるあるいは支配することができると考えてネットで性的欲求を満たすためだけの獲物探しをしているという思考回路は単にロリコンというわけではなく20歳の子どもがいる老人ですらそんなことをやっているというから恐ろし過ぎる。

子どもというのは往々にしてお金を持っていなくて好奇心旺盛だから悪い大人を見分けることもせずにいろんな要求を受け入れてしまう。

この映画も日本ではR15指定だし、メッセージをもっとも伝えるべき年代は観ることができないし、観せるべきでもない。

だから大人である自分たちが善悪の判断を間違えることなく子どもを守ってあげなきゃと身を引き締められる作品だった。

2021年05月まとめ

■テレワーク強制移行

 

転職してからちらほらテレワークの話をしていて結局やらないんかいという状態だったんだけど、今月職場の同じ階にいる人が新型コロナ陽性となったことで強制的にテレワークに切り替えてくださいというお達しがあり、慌ただしくデスクトップPCを抱えてタクシーで帰宅。

その後デスクトップPCが無線LANに対応していないがっかり仕様だったので電気屋まで行ってWi-Fi受信機を購入しなければならなかったりてんやわんやだった。

今現在はテレワークにもだいぶ慣れ、しばらくはこのままでいいかな〜という気持ちでいる。

とはいえテレワークじゃなきゃ嫌だなんてこともなく、出社には出社のメリットがあるのでその辺はノートPCで作業できたらなって考えたりもするけど・・・。

 

■それにしたってお金がない

 

実家暮らしなのでお金貯まるのかなとか考えていたんだけど普通にやばい。

どう考えてもGWでお金を使いすぎたせいなんだけど。

(図書館が閉まって本を買い過ぎた)

お金使いすぎてると気づいた時から出費を抑えてるけど、来月のカード請求が来たときに残高が限りなくゼロになる予定。

もしかしたら足が出るかもな・・・また無金利カードローンしよう。

そんなわけでお金も使えないし外に出かけることも基本ないので俺の中で5月は終わった。

 

■天才の所業


www.youtube.com

 

■サイン本買った

 

ひみつのたべもの

ひみつのたべもの

  • 作者:松井玲奈
  • 発売日: 2021/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

■6月

 

ブルーレイやDVDを再生する機器を買わねば・・・。

2021年03月・4月まとめ

■引っ越ししました

 

今月の半ばに実家に出戻りしました。

3月から少しずつ荷物を実家に運んだり処分したりして業者などは使わずに無事に引っ越し作業が終わりました。

その後自分の部屋に机や椅子・本棚などを導入してようやくブログがかける程度には落ち着いたという感じです。

 

引っ越しをした理由は単純に一人暮らしをしていた家が前の職場に近いというだけで住んでた場所なので住むメリットがなくなったというのが一つ。

そして今の職場のことを考えれば街中かその近くに引っ越すのが一番よかったんだけど引っ越しするお金がないということ、実家の最寄駅から職場まで電車で1本ということもあってあまり一人暮らしにこだわる理由もないというのも一つ。

あといくつか理由はあるけど、あんまり言いたくないこともあるのでこんなところで。

そろそろ実家暮らしが始まって半月ぐらいになるけど、そこまで良くもなく悪くもなくという感じです。

引越しの過程でゲームを全て手放したのでこれから家で何しようかなと思案中。

 

■昇給

 

4月になり給与が改定になり、約半年ぐらいの働きをそれなりに評価されて少しだけ給料が上がりました。

このあと月末に初のボーナスが入るのですが、その金額で自分のおおよその年収を知ることになるのでそれまでモヤモヤした気持ちで生きていきます。

転職した時はいつも最初は褒められてだんだん評価されなくなるという流れが定番化しているんだけど、やっぱり単純に仕事に飽きてモチベーションが下がってるんだろうなと思います。

むしろもう下がり始めてると言っていいので、なるべくバレるのを遅らせたいです。

 

■これから

 

まずは引越しの過程で「古くなったから」と言って思い切って処分したものを諸々買い揃えなきゃなと思っています。

・革靴(1つしか持ってない)

・白シャツ(1つしか持ってない)

・クロックス(ない)

・自転車(もしくは原付)

趣味であるブックオフ巡りも今の住処だと難しいので新しい趣味を検討しています。

 

 

引っ越しをして心機一転、とまではいかないけど通勤がオール徒歩から電車通勤になってちょっと楽になったような気がします。

なんだかんだ徒歩ってめんどくさかったししんどかったんだなと。

とりあえずGWで心身ともに去年色々あったメンタルを休ませたいな。

 


www.youtube.com

 

 

Backwards(CD+Blu-ray)

Backwards(CD+Blu-ray)

  • アーティスト:三浦大知
  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: CD
 

 

2021年2月まとめ

■2月の仕事、どうなることやら(だった)の話

 

2月の仕事、スケジュール的にもスキル的にも相当厳しいなぁと感じていてメンタル的に不安定になっていたけど素直にこのスケジュールだと厳しいと上司に伝えてリスケしてもらえた。

無駄に先のことを考えて不安になりすぎる癖があるなと思った。

絶対的な信頼みたいなものは性格上限りなく持ち得ないと感じているけど、あまりにも他人を信頼しすぎないと自分で抱え込みすぎて辛くなるだけという教訓を得た。

 

■心の虫歯の話

news.livedoor.com

 

番組自体はもうすぐオフィシャルな形で観れなくなると思うんだけど、「あちこちオードリー」という番組のこの話が個人的に刺さりまくったので残しておく。

特に明言する必要はないので言ってなかったけど、3年ぐらい前からメンタルがやばくなると風俗に行くようにしている。

「行くようにしている」というか、若林さんが番組で話していたように「めんどくせえなぁ〜」「でも行かなきゃなぁ〜」という歯医者に行くような感覚に近い。

治療しないとどんどん悪くなっていくので心の虫歯に銀を被せるというのは素晴らしい例えだ。

この番組が放送される前からこんなことを考えていたのでシンクロしててびびる。

ちなみに、というかいう必要もないんだけど休職する前や休職期間中においてはそれはそれはえげつないペースで風俗を利用している。

だから今自分が生きているのは風俗があるおかげと言ってしまっても過言ではない。

少し前に泌尿器科に通っていたのも多分風俗のせいだと思う。

 

■その結果

 

お金がなくなりすぎている。

副業を始めたり、食費を削ったり色々検討している。

一応4月末にボーナスが入ると聞いている。

どれぐらいの額かはわからないけどそこで多少余裕が出てくる。

でもそこに辿り着くまでにもしかしたら借金しなきゃいけないくらいのレベルまで来ているのは間違いない。

少しお金が貯まったところで実家に戻るなどしてお金を貯めなきゃかもしれない。

実家に住むというのは正直しんどい以外の何者でもないけど、平日は働いては寝るだけと割り切って休日は出かけりゃいいからなんとかやり過ごせるような気もしている。

一人の時間が持てないとそれはそれで気が狂いそうになる可能性もあるので慎重に検討しているところ。

 

■今月の1曲

 


SHINGO★西成 / ラパッ [Showa Remix feat. 般若] / Audio

 

最近は音楽というよりはラジオの方を聴いているのでそこまでハマった曲はなかったけど、昭和レコードのアルバムがサブスク解禁されていたので結構聴いていました。

もう昭和レコードじゃないけど、ZORN聴けるようになってほしいなぁ。

 


三浦大知 - Burning Weakness (Live from「DAICHI MIURA "exTime Tour 2012"」)

 

”カッコつけてないで 向き合って Face your own weakness”

2021年01月まとめ

■発熱

 

1/23(土)AM01時頃に目が覚め、なんとなく寝れずにいたら寒気がし出してそのまま布団にくるまって就寝。

汗だくで目覚めて一度シャワーを浴びたのち、少し元気になったけど用心のためにもう一度就寝。

昼頃に起きてまだ身体がだるいので、体温を測ろうと思ったら体温計が見当たらずコンビニでお昼ごはんと体温計を買ってきて測ったら38度5分だった。

熱があっても微熱くらいかなと思ってたのでこの時点でちょっと新型コロナやっちまったかなと焦ったけど、土曜の午後に近場でやってる病院がないので市販の解熱剤を飲んでまた就寝。

ご飯のタイミングで起きて薬を飲んでを繰り返し、熱も上がったり下がったりだったんだけど、日曜の夜までになんとか平熱まで戻って一安心。

熱が出たと同時に下痢も始まってたので、おそらく発熱を伴う胃腸炎だったのかなと。

しばらくは体に優しい食生活を心がけます。

 

■メンタルの問題

 

結局職場を変えてもメンタルの不調はやってくるんだなぁと思う今日この頃。

若い頃は気力や体力で乗り越えてたようなことも、今ではシンプルにしんどくてやっただけの対価を得たいと思うこともないので毎日が辛いという感じ。

地獄、ということでもないけど何もない光景が延々続いてて気が狂いそうみたいな心境。

ゲームやってても楽しくなくて、読書をしても頭に内容が入ってこない。観たい映画もすぐにしんどくなってストップしてしまう。

金銭的な問題がなければ、あと1年くらい休んだほうがよかったんかな。

 

■引越し

 

4月に初めてのボーナスが出る予定なので、その額次第では引っ越そうと思っている。

何回言ってんだ、という話だけど。

このご時世なのでテレワークのことを考えた部屋を借りたいってなるとある程度の作業スペースが必要になって自ずと条件も絞られてくる。

実際に引っ越しするかは未知数だけど、引っ越ししたら少しは気分転換になるのかなと淡い期待をしている。

少なくとも、前の会社から離れた場所に住んで関係者との遭遇確率を大幅に下げたいところ。

 

■結局のところ

 

自分で会社をやるぐらいの気持ちがないと、自分が快適に働ける場所というのはないのかなと最近思い始めている。

特にこんな厄介なメンタルの持ち主にとっては。

まだ冗談の域ではあるけどどうやったら会社って作れるのかくらいは勉強してみて損はないのかなと。

 

自殺学入門―幸せな生と死とは何か

自殺学入門―幸せな生と死とは何か

  • 作者:末木 新
  • 発売日: 2020/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 今読んでる本。

2020年12月まとめ

■働き始めて2ヶ月

 

今のところ残業が発生していないのと仕事のフェーズ的に苦しくならない段階なのでそれなりにうまくやれています。

1月の仕事はもしかしたらそれなりにしんどい場面が出てくるフェーズなのかなと心配しつつ、出たとこ勝負でやっていきましょうという心算でおります。

 

■2020年の振り返りと2021年の展望

 

2020年目標としていたサイト立ち上げと動画編集のスキルを身に付けるというタスクについては、一応達成できたと言えばできたかなという感じです。

できたらもっと継続したかったけど、コロナもあってなかなか気軽に出かけられないという事情もあり、いったん小休止。

そんなわけで2021年の目標は

・仕事の基礎になるJavaのスキルを向上する

・韓国語(ハングル検定)の勉強をする

YouTube投稿を再開する

この3つを頑張ろうと思います。

あとはできたら引越ししたいですね。

 

■体調について

 

通っていた泌尿器科からついに病院を変えるよう勧められて、近所の皮膚科へ行くことに。

結果として、泌尿器科から処方されていた薬はあまり良いものでは無いらしく別の薬を処方されることになった。

この薬はなんだか効き目があるような気がしないでもない。まだまだ油断はできないけど。

 

 

2020年11月まとめ

■社会復帰して1ヶ月

 

とりあえずなんとかやれているという感じ。

基本的に他の社員の方がテレワークなので人間関係でしんどいみたいな事は皆無に近くて出社されている方に関してはめちゃ優しくて非常に助かっている。

その方に相談してしばらくはテレワークなしで出社して仕事をすることにした。

少しずつ仕事を覚えてひとりでもやれる状況になったところでテレワークに移行できたらと思っているけど、正直ずっと出社する形でもいいなとも思う。

家で働いた経験がないので、捗らなさそうという恐怖に挑むコンディションが整ってからでも、というところ。

 

■引越しの話

 

現住所の契約更新して間もないんだけど、契約した決め手は前の会社のオフィスに近いという点が大きかったので、できれば引越しして通勤徒歩10分とかの家に住みたいなと思っている。

20年前とかは想像できなかったけど、ド街中に住むというのが現在の理想。

かつテレワークの環境としてストレスがないような部屋が家賃5万円前後で探し中という感じです。

現実的には春の引越しシーズンのドタバタが収まった頃に余った物件で安く契約したいな。

 

YouTube

 

週一で動画アップするというペースは継続できている。

でも正直飽きている。見知らぬ部屋で一人きりという環境の中、まったり読書するというのがルーティンになっていて比較的捗るぐらいの利点しかないんだよな。

 

■健康について

 

働き出してから(当たり前だけど)病院に行きづらくなった。

今のところ心療内科はいったん卒業という感じで、最近のトレンドは泌尿器科

先月とあまり状況が変わらず、抗生物質を飲んで患部に軟膏を塗るという処置で症状はいったん治まるんだけど、薬が切れてしばらくするとまた症状が再発するという状態の繰り返しである。

で、今のところ土曜日の午前中しか泌尿器科に行けないので歯医者への通院を保留している状態。

症状が出るたびに歯医者の予約をキャンセルするのが申し訳ないので。

 

■iPhone7→iPhone SE2

 

変えました。

特にiPhone7で困っていたわけではないんだけど、楽天モバイルのキャンペーンで諸諸考慮した上で変えました。

お金は無いんだけど、長い目で見たらお得みたいなので。

iPhone7は多分3年ぐらい使ったんだけど、いざ機種変するとiPhone SE2の使い勝手が良すぎる。

アプリの処理も気持ち早くなったし、ワイヤレス充電が気持ち良すぎますね。

 

■おすすめ本